So-net無料ブログ作成

マンションに住み始めて気がついたこと|設備点検編 [マンション生活]



目次:中古マンションを購入したあとに知っておきたい情報のメモ一覧

「平日に会社を休んで在宅が必要になる日がある。」

マンションには、警報器や配水管などいろいろな設備が備わっています。
それらの器具の点検・交換作業などで日中在宅が必要になる日が意外と多いです。
さらにベランダに避難設備や集合排水設備などがある部屋になるとさらに点検日が多くなります。

土日の場合もあるけど通常は平日。
共働きの世帯だとどちらかが休暇ととって立ち会うことになります。

具体的にどのような作業があるかというと…。

・ガス警報器の点検・交換
・火災警報器の点検・交換
・ディスポーザー、洗濯機など水回りの高圧清掃
・アンテナ調整
・インターフォン交換
・修繕確認

思いついただけでこんなにあります。

「また点検?」

と思うこともありますがキチンと管理されていることの裏返しなので安心です。

さらに築10年以上、経過している中古マンションになると当初の設備がメーカーのサポート期間を経過することです。修理ができくなったり老朽化によってリニューアルがはじまっていきます。


面倒なことばかりではありません。
白黒(エントランスのみモニタ)がカラー(エントランス+玄関前)+訪問者録画機能付という高スペック品にリニュアルされました。

以前は、クロネコ?勧誘?どちらか分からない感じでしたがフルカラーでハッキリ。不在中の訪問者やオートロック突破のいきなりピンポンもこれで安心です。


これらに関しての費用はすべて無料。(毎月の修繕積立金から支払い)
修繕が計画的に行われているマンションの場合は、一時金を支払わなくてもリニューアルされます。

戸建だと自分で設備の修繕や検査をする必要がありますがマンションでは計画的にチェックをしてもらえるのがいいところです。


こちらも併せてどうぞ。
マンションに住み始めて気がついたこと|チラシ編





マイホーム大全2018 (100%ムックシリーズ)

予算から不動産屋、物件、ローン、確定申告まで住宅購入のストーリーで説明。中古物件でのリフォームなどつい忘れがちなこともしっかり書いてあって戸建でもマンションもためになる判りやすくオススメの1冊
マイホーム大全2018 (100%ムックシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 晋遊舎
  • 発売日: 2017/11/27
  • メディア: ムック




スポンサードリンク